2/24整体院周辺道路で通行止めがあります→詳しく

休んでもよくならない腱鞘炎の整体施術

休んでもよくならない腱鞘炎の整体施術

腱鞘炎が良くならない。とお困りの方がいらっしゃいました。

腱鞘炎は「使い痛み」に分類されます。
使い過ぎ、使い方のクセがあるまま手首・手指を使っている結果、痛みが出るようになってしまいます。

こうなってしまうと、ただ休んでいるだけではなかなか痛みが治まってくれないことも少なくありません。

シップを貼ったり温めてみたり、ストレッチをしたり…何とかしたい一心で痛い部分のマッサージに挑戦した。そんな話も聞いたことがあります。
※痛いところをグリグリする。強く押したり揉んだりするのはオススメしていません。

使い過ぎて痛いのだから、休めていればよくなるでしょ。
でも…

どうして患部を休めたりケアしても、腱鞘炎など手首や手指の症状は改善しないのでしょうか。


腱鞘炎は手首や手指の使い過ぎに加え、回復が追い付いていないことが原因です。
ただし、回復を促すためにケアすべき場所は痛みのある場所だけではありません。

手首や手指を動かすための筋肉はもう少し上の「前腕」にあります。
腱鞘炎などでお悩みの方は、前腕の筋肉を調べると強い痛みがあるケースがほとんどです。

この前腕の筋肉が手首や手指に負担をかけ続けているため、腱鞘炎に改善がみられないのではないかと考えています。

当院では背骨の整体をおこなっていますが、腱鞘炎でお悩みの方にも背骨の整体をおこないます。
術後に腕の筋肉を検査すると、術前に痛かった筋肉が「さっきと同じように触っているの?」というくらい変化があります。

手首や手指に関わる筋肉もその部位単独で動くわけではなく、腕ー肩ー肩甲骨ー背中…と全体のつながりを持っているからです。
意外に感じると思いますが、背骨を整えることで腕にも良い影響があるのはそうした理由からです。

今回お悩みの方も、整体後に腕の筋肉の緊張緩和や動かしやすさ、手の握りやすさなどを実感されました。
後は調整後の良い状態を保ち、手首や手指の使い過ぎやクセを見直すことで腱鞘炎も時間と共に改善されます。
背骨を守る姿勢にぜひ気を付けてくださいね。


すぎやす整体院では、独自の可動性触診検査で背骨の状態を把握し、整体施術や姿勢指導をおこなっています。
整体自体は優しく背骨を整える痛くない施術法です。

背骨の良い状態が安定すると身体によい変化があらわれ、さまざまな症状が改善されています。
同じような症状の方には整体の進め方や計画など、ご来院時の参考になるかと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

※施術効果には個人差があります

この記事を書いた人

すぎやす整体院の院長です。
碧南市出身。妻と子供3人で暮らしています。
背骨の整体を追求しています。
背骨の問題が自然治癒力のはたらきを妨げているからです。

目次